de:code 2017 参加レポート

2
2017年7月28日 ブログ

日本マイクロソフトが年2回開催している、エンジニア向けの大型有償技術イベント
de:code 2017に弊社社員も参加してきました!

そもそもde:code 2017とは、マイクロソフト テクノロジーのビジョンと、
「クラウド」「モバイル」を最大限に活かせる最新テクノロジーを
全てのITエンジニアにご紹介するイベントです。

一般価格で80,000円、団体割引でも56,000円と、それなりに金額はしますね….。
参加したメンバは、会社負担で参加できた!と、大変喜んでおりました!(^^)!

そして、参加したメンバには定例の帰社日にて、
全社員へのフィードバックを行ってもらいました!
私も参加レポートを聞きましたが、AI(人工知能)やMR(MixedReality)など、
「先端技術を使って今後どのようなことが出来るようになるのか」についての講演や、
飲み放題、食べ放題のパーティーがあったり(ただの食い意地…)と
大変興味深いイベントでした!

写真①

【迷いに迷って選択したセッションをご紹介】

参加したセッションの一部をご紹介します♪

【開発エンジニアYさん 30代(男性)】
①[Xamarin入門] コード共通化で開発スピードアップ! AI を活用した
クロスプラットフォームアプリをXamarin で作ってみよう!
②[ Xamarin 実践]モバイルアプリの開発、テスト、テスト配布を全て実践
~ Xamarin & Windows Mobile Center~
③これからのエンジニアに必要な「マネジメント」の考え方
④ちょまどが愛をもって語る Visual Studio 2017とC# 7!新機能を活用して開発効率を上げよう  などなど。

【インフラエンジニアEさん 30代(男性)】
①The New Age of Intelligence (Keynote Session)
②AIとクラウドソリューションが起こすビジネスイノベーションとは
③クラウドでここまで出来る!! ~ Modern IT を実現するWindows 10 とは
④ダウンタイムを最小に! Azureにおける障害/災害に耐えうるアーキテクチャ設計のポイント
などなど。

①の「The New Age of Intelligence (Keynote Session)」では、
パーキンソン病による手の震えにより文字が書けない患者に対し、
手の震えを学習させ振動によって相殺することで、
文字が書けるようになったことが紹介されました。

図1

各々、自身の興味のある技術、分野を選択し、効率的にまわれたようです!
参加したメンバは、『発表内容のテクノロジーの熱さ、スピーカーのお話の巧さ、
カリスマ性が凄すぎて、セッション受講中も全体終了後も
まるでライブ鑑賞をしているかのような感覚になった!』と興奮気味に話しておりました!(^^)!

写真②

↑東京での開催でしたが、東京のメンバだけでなく、西日本支社のメンバも参加しました!

【エンジニアの継続的な成長!】

ATGSはマイクロソフトのGoldパートナーとして、ソリューション販売の促進、
マイクロソフト製品の技術の習得、そこから数々の売上実績や技術の底上げに
会社全体で取り組んでおります。

また、AWS、VMware、Azureなどの「クラウド」技術にも注力しており、
直近ではインフラメンバがAWSの外部講習に参加し、
社内勉強会にてフィードバックを行いました。
社内勉強会へはインフラエンジニアはもちろん、
開発エンジニアや営業、採用部門も参加しました!

エンジニアの『面白い』と感じたことへ積極的に投資をすることで、
エンジニアとしての継続的な成長、付加価値の創出、会社の成長に繋げてきています。
今後も、積極的に技術イベントや講習に参加し、
社内へのナレッジの共有、蓄積、活用をしていく予定です!

【Facebookに勉強会の様子もUPしています↓↓】
http://www.facebook.com/atgs.jp

募集要項を見る
エントリーはこちら

関連記事